トップへ » 治療案内 » 患者さまとのエピソード » インプラントで噛めるようになった患者さまの話

インプラントで噛めるようになった患者さまの話

女性40代女性、会社員
歯周病が進んでいて、入れ歯をしているけど合わなくなってきている。人前で話す機会が多いので、入れ歯が外れやすいと気になってうまく話せない。見た目も気になるし、人前で入れ歯をはずしたくないので、インプラントにしたい、との希望で来院されました。

まず、歯周病がすすんでいて、もう使うことができなくなった歯をすべて抜歯します。その抜歯したところが治るまで、仮の入れ歯をお使いいただき、その間にインプラントの準備をします。抜歯部が治ったらインプラントを埋入し、様子をみながら、下顎のインプラントを始めていきます、と提案しました。

まだ治療途中ですが、最初は上のみのインプラントを希望されていた患者さまだったので、下もインプラントにすることによって噛み合わせも安定し、見た目も気にならないようになりますと説明したところ、ぜひ下顎もインプラントをすすめていきたいとのことでした。


トップへ » 治療案内 » 患者さまとのエピソード » インプラントで噛めるようになった患者さまの話