トップへ » 治療案内 » 義歯

快適な入れ歯を求めている方へ

「入れ歯が痛くて使いにくい」
「食べたり話したりすると浮いて外れてしまう」

このような、入れ歯に関するお悩みがある方はいませんか?合わない入れ歯を我慢して使い続けていると、食べ物が噛みにくくなり、話す言葉も聞き取りにくくなります。それだけでなく、胃腸にも負担がかかるため、全身の健康を損なうこともあり得ます。健康にお過ごしいただくためにも、ズレやガタツキのないしっかり噛み合う入れ歯を使うことが大切です。

快適な入れ歯を求めている方へ

入れ歯の不調は肩こりや顎関節症を招きます
入れ歯の不調で多い悩みが、噛み合わせの異常です。噛み合わせが悪いと、食べ物の熱さ・冷たさが伝わりにくくなり、味わうことができなくなります。全身に悪い影響を及ぼし、頭痛・肩こり・顎関節症や、脊柱(腰椎・腰椎・胸椎など)の神経が圧迫されてさまざまな障害が現れます。時には深刻な事態を招く恐れも。入れ歯が合わないときは無理をせずに、できるだけ早めの相談をおすすめします。

入れ歯を調整して認知症の発生率が低下する!?

噛むことと認知症の関係噛むことと脳の働きには密接な関係があります。噛むことで脳に刺激が伝わるので、歯が丈夫な人には認知症が少ないと言われています。現に、認知症を発症しているご高齢者は、入れ歯が合わないために流動食で栄養を摂っている方が多く、入れ歯を調整したあとに再び食事ができるようになり、認知症の症状が改善されていくと言います。

理想を言えば、ご自身の歯が健康でしっかり噛めること。それが難しければ、入れ歯がしっかり噛み合うようにきちんと調整しておくことが、認知症を予防する上でも大切です。

患者さまのお口の状態に合わせた快適な入れ歯

【当院の特徴1】機能性と審美性の高い入れ歯をご提供痛くならない義歯を
当院では、しっかり噛み合う丈夫な入れ歯作りを心がけています。患者さまのご要望をお聞きしながら、ご希望を取り入れた快適な入れ歯をお作りします。

入れ歯の悩みで多いのが、ズレやガタツキ、痛みの問題です。こうした問題を解消するために、審美性と機能性を追求した、ズレナイ・外れない・痛くない、高度な入れ歯をご提案いたします。

【当院の特徴2】豊富な種類の中からニーズに合わせた入れ歯をご提供最適な入れ歯をご提案
入れ歯には、たくさんの種類があります。保険でお作りするプラスチック素材のものから、ソフトで吸着力があるソフトデンチャーや、優れた耐久性の金属床などさまざまです。それぞれにメリット・デメリットがあり、素材や構造に応じて、かかる費用や耐久性などが変わってきます。

一つひとつのメリット・デメリットをきちんと説明し、患者さまの歯やお口全体の状態、ご希望、ご予算などを踏まえた上で、最適な入れ歯をご自身でお選びいただけます。どの入れ歯を選ぶか判断に迷われたときはアドバイスもいたしますので、遠慮なくご質問ください。

【当院がおすすめする入れ歯】コンフォートデンチャー(総義歯・部分義歯)

コンフォートデンチャーコンフォートデンチャーは、入れ歯の歯ぐきにあたる部分を生体用シリコーンで覆った、新発想の入れ歯です。一般的な入れ歯は、歯ぐきと直接触れる部分がプラスチックなどの固い素材でできています。噛んだときに歯ぐきに負担がかかるため、痛みを感じることがあり、十分に噛みしめることができません。

こうした問題を解決した入れ歯が、コンフォートデンチャーです。ソフトで吸着力に優れ、歯ぐきに優しく、噛んだときの痛みがありません。ズレない・外れない・痛くない、噛む人に優しい入れ歯です。

<コンフォートデンチャーの特徴>
●弾力性のある生体用シリコーンが、歯ぐきにかかる力を軽減
●吸い付くような吸着力がある
●「痛い・ズレる・噛めない」といった、従来の入れ歯の悩みを一掃
●ソフトな感触で、歯ぐきを優しく守る

当院でご提供するその他の入れ歯

ノンクラスプデンチャー(インプラント義歯)ノンクラスプデンチャー(インプラント義歯)
インプラント義歯は入れ歯の中で最もしっかりと固定することができます。それにより、入れ歯がかたつくことによる痛みや、食事のときの違和感も解消することができます。天然の歯と同じく歯の根にあたる土台が自身の顎の骨に埋まっているので、食べ物を噛む力も一番強く伝わります。

金属義歯金属義歯
薄くて軽く、安定性や快適性に優れた金属床の入れ歯です。装着時の違和感が少なく、ズレやガタつきがないので、しっかり発音することができます。また、熱伝導率が高いので、食べ物の熱さや冷たさが伝わり、食べ物の風味を楽しむことができます。

保険義歯保険適用の入れ歯
保険適用の入れ歯はプラスチック床となりますが、日常的に支障なくお使いいただけます。初めて入れ歯を作るときや、入れ歯・ブリッジ・インプラントでどの治療にするか決めかねている方は、まずは保険の入れ歯で慣れていただいてから、次のステップに進まれることをおすすめしています。

カテゴリー一覧

まずは、お口のお悩みをご相談下さい

まずは、お口のお悩みをご相談下さい

トップへ » 治療案内 » 義歯


PAGE TOP