トップへ » 治療案内 » 一般歯科 » 知っておきたいむし歯のメカニズム

知っておきたいむし歯のメカニズム

虫歯のしくみ一般的にむし歯(う蝕)は、歯の脱灰(だっかい)から始まります。脱灰とは、歯の表面が、むし歯の原因となるミュータンス菌によって溶かされて穴があいた状態のこと。初期段階であれば、再石灰化(さいせっかいか)して健康な状態に戻ります。再石灰化とは、唾液に含まれるカルシウムやリンによって、脱灰した歯を元の状態に戻すことです。

お口の中では、常に脱灰と再石灰化が繰り返されながら、歯の健康を保っています。ところが、脱灰と再石灰化のバランスが崩れると、脱灰が進んで穴が大きく広がり、むし歯がさらに進行していきます。この状態になると、自然に治ることはありません。

そうならないためにも毎日の歯磨きを徹底し、糖質を控える食生活に改善することでむし歯を防ぐことができます。脱灰を進行させないためにも、お口の中の異変を感じたらできるだけ早めにご相談ください。


トップへ » 治療案内 » 一般歯科 » 知っておきたいむし歯のメカニズム


PAGE TOP