トップへ » 治療案内 » インプラント » インプラント治療で、自分の歯で噛める喜びをもう一度

インプラント治療で、自分の歯で噛める喜びをもう一度

インプラント私たちが食事をするとき、噛む力がどのくらいかかっていると思いますか?何と、男性でおよそ60Kg、女性で40Kgの力で噛んでいると言われます。このことからも、歯がなければほかの歯にかかる負担がどれほど大きくなるかがおわかりいただけるでしょう。

歯を失ったとき、噛む機能を回復する方法はいくつかありますが、入れ歯のような違和感がなく、ブリッジのように健康な歯にダメージを与えず、安定した噛み心地が得られる治療がインプラントです。あごの骨の中に人工歯根を移植して、その上から人工歯を被せるので、天然の歯と同じように、お煎餅のように堅い食べ物でも強く噛むことができます。

また、審美性の高い人工歯の素材を使用することで、限りなく天然の歯に近い自然な仕上がりを実現しています。

<インプラントのメリット>
・自然な歯と変わらない噛み心地
・健康な歯を削らずに治療ができる
・定期的なメインテナンスを行うことで、長持ちさせることができる

<インプラントのデメリット>
・インプラント体を移植するために外科的手術が必要
・自費診療のため治療費用が高額


トップへ » 治療案内 » インプラント » インプラント治療で、自分の歯で噛める喜びをもう一度


PAGE TOP