トップへ » 治療案内 » プラチナホワイトニング » ホワイトニングのQ&A

ホワイトニングのQ&A

Q. どんな人がホワイトニングを受けられますか?
A. 特に制限はなく、ほとんどの方が治療を受けられます。ただし、歯の状態によっては注意が必要な場合もあります。
エナメル質や象牙質の形成不全があり、それが原因で歯の変色がある方は、期待どおりの効果が得られない場合があります。また、歯に大きなヒビや傷がある、あるいは知覚過敏の方は、薬の刺激でしみることがありますので、治療を受ける前に歯科医師とご相談ください。

Q. ホワイトニング安全性は?
A. 歯や全身の健康を害することはありませんのでご安心ください。薬剤の主な成分は、世界でも最も基準が厳しい米国食品医薬品局の基準をクリアした過酸化水素または過酸化尿素で、安全性が保証されています。まれに薬の刺激で歯にしみることがありますが、アメリカで数10年の臨床実績があり、確立されている治療ですのでご安心ください。

Q. 白さを保てる期間はどのくらい?
A. 後戻りとは、完全に治療前の状態に戻ることではなく、少しずつ白さが抜けていくことです。ホワイトニング専用の歯磨き剤がありますので、治療後にお使いいただくことで、白さを長持ちさせることができます。事実、お手入れ次第では、年単位で保ち続ける方もいらっしゃいます。なお、カレーやコーヒーなど色素の強い飲食物を摂り続けると、再着色することがあります。変色がひどくなる前に、3か月から半年に一度、歯のクリーニングやPMTCを受けることをおすすめします。

Q. 処置中の痛みはありませんか?
A. オフィスホワイトニングは、安全管理が行き届いた歯科医院で、最新機器を使って処置しますので痛みはありません。ホームホワイトニングも痛みはありませんが、薬剤の刺激を敏感に感じる知覚過敏が起きることもあります。その場合、一時的に使用を中止すれば落ち着いてきます。なお、歯質などによっては、治療後に軽度の違和感が伴うことがあります。時間が経過すれば自然に消えていきますので、ご安心ください。


トップへ » 治療案内 » プラチナホワイトニング » ホワイトニングのQ&A


PAGE TOP