トップへ » 治療案内 » プラチナホワイトニング » 従来のホワイトニングとの比較

従来のホワイトニングとの比較

ポイント 従来のホワイトニング ポリリンプラチナホワイトニング
白さ 白さは際立つが、透明感が少ない白さ。 プラチナナノコロイド効果により美しさと自然な白さ。
痛み 水分を抜き取る作用が有る為、知覚過敏になりやすい。 「分割ポリリン酸Na」が脱水された部分に浸透し、痛み・凍みを緩和。
長持ち
(色戻り)
歯のコーティング効果が無い為、施術直後は特に着色しやすい。 歯をコーティングし汚れを付着しづらい。また透明感のある白さが持続。
保護力 ホワイトニング剤を歯の表面に塗り色素を分解。歯にダメージが残る。 ポリリンコーティングにより、歯を傷つけにくい。歯の表面もコーティングされ歯質が強化。
食事 施術直後は特に食事制限があり。色素の強いカレー・コーヒー・ワイン等に注意が必要。 食事制限の必要なし。
施術時間 施術後2~3週間の間隔を空ける。 1日何回でも可能。


トップへ » 治療案内 » プラチナホワイトニング » 従来のホワイトニングとの比較


PAGE TOP