トップへ » 治療案内 » 審美歯科 » 最新機器「セレック」を使用

最新機器「セレック」を使用

スピーディーなセレック治療●銀歯が目立つので、短期間で白い歯にしたい
●審美歯科は費用が高いので、治療を受けられない

審美性の高い治療を求める方が増えている一方で、治療期間や費用の問題で治療を諦めてしまう方も少なくありません。当院では、最先端のセレックシステムを導入し、短期間かつ低コストの審美歯科を実現しています。

このシステムは、院内で高精度の補綴物(詰め物や被せ物)を設計・加工するシステムで、コンピュータを使って、短期間で限りなく天然歯に近い白さとツヤのある人工歯を仕上げます。製作物によっても異なりますが、早ければ1日で仕上げることも可能です。

<こんな方におすすめします>
・通院する時間が取れない
・白くて美しい歯にしたい
・銀歯から白い歯に変えたい
・金属アレルギーがある
・治療コストを抑えて白い歯にしたい
・より高精度な治療を望んでいる

短期治療&低価格の理由は、規格化された高品質のセラミックにあるセレックシステム
セレックシステムは、医療先進国ドイツで開発された、コンピュータ制御で人工歯を設計・製作するCAD/CAMシステムです。最先端の3D CCDカメラ(光学カメラ)で口腔内を撮影し、コンピュータに取り込みます。映し出された立体画像をモニター上で設計し、ミリングマシンにデータを転送して修復物を削り出します。

設計から加工まで一貫して自院でできるので、技工所に依頼する必要がありません。また、規格化されたクオリティの高いセラミックブロック素材を使うことで、コスト削減を実現しました。

<セレックの3つの特徴>
・短時間で仕上がり、最短ワンデーで終わるほどの速さ
・設計から加工まですべて自院でできるので、治療コストを抑えられる
・セラミックのクオリティが高いので、天然歯のように美しい

セレック治療の流れ

STEP1 スキャンニング(型取り)

患部を削ったあと、3D CCDカメラ(光学カメラ)で患部をスキャニング(撮影)します。歯型を取る必要がありませんので、数秒で終わり、不快感がありません。撮影した画像がモニター上に映し出されます。なお、口腔内の状態によっては、型取りを行うこともあります。
次へ
STEP2 補綴物の設計
撮影した画像を元に、コンピュータ上の3D画面を使って補綴物に設計します。さまざまな角度から噛み合わせや歯の形を微調整し、理想的な形を作り上げていきます。設計し終えたあとは、理想に最も近い色のセラミックブロックを選びます。
次へ
STEP3 補綴物の製作
コンピュータで設計したデータをミリングマシン(加工する機械・CAM)に転送し、セラミックブロックを削ります。その後、微調整を加えて精密に仕上げます。
次へ
STEP4 口腔内に装着
高度な接着技術を用いて、補綴物を患部に装着し、治療が終わります。

一連の工程に必要とする時間は最短で1日。そのスピード感から「1Dayセラミック(1日で完了するセラミック治療)」とも呼ばれています。

セレックについてもっと知りたいという方は、下記のバナーをクリック下さい。
宝樹会「審美歯科」サイト


トップへ » 治療案内 » 審美歯科 » 最新機器「セレック」を使用


PAGE TOP