トップへ » 治療案内 » 歯周病治療 » 体の内部から歯周病菌を根絶する歯周内科

体の内部から歯周病菌を根絶する歯周内科

お口の中の状態を調べてみてください。あなたにもこんな症状がありませんか?

□ ブラッシングをすると血がにじむ
□ 歯ぐきに触るとぶよぶよする
□ 周りの人から口臭がすると言われる
□ 歯ぐきが腫れている
□ 目覚めたときに、口の中がネバネバして気持ちが悪い

1つでも該当するものがあれば、あなたにも歯周病の疑いがあります!なるべく早めに歯科医院で診断を受けてください。

歯周病とは

歯周病は、歯周病菌が引き起こすお口の中の感染症で、歯の土台となる歯槽骨や歯肉が侵されていく病気です。

歯周病の進行状況
歯周病は、次のような段階を経て重症化していきます。

1. 歯に残っている歯垢(プラーク)が石灰化して歯石化する
2. 歯周病が進行すると、歯と歯ぐきの間(歯周ポケット)の溝が深くなり、その内側に細菌が繁殖
3. 細菌が増えると歯肉の炎症が始まり、歯周ポケットの内部にまで広がる
4. 歯根膜や歯槽骨が溶かされ、歯を支えきれなくなり、歯のぐらつきが始まる
5. さらに悪化すると、歯のぐらつきが大きくなり、最後には歯が抜け落ちる

歯の動揺が始まると、一般的な歯周病治療では完治が望めません。さらに重症化すると、歯が抜け落ちてしまいます。とはいえ、早期に治療を始めれば進行を食い止めることができます。異変を感じたら、すぐにかかりつけの歯科医師に相談してください。


トップへ » 治療案内 » 歯周病治療 » 体の内部から歯周病菌を根絶する歯周内科


PAGE TOP