トップへ » 治療案内 » 一般歯科 » 根管治療で、悪化した状態の歯を守る

根管治療で、悪化した状態の歯を守る

歯の神経も丁寧に治療むし歯が進行して、歯の深部の神経付近まで達すると、頬やリンパが腫れて激しい痛みが伴います。

細菌によって神経を損傷している場合は、神経が通る管(根管)の内部を消毒・滅菌する処置「根管治療」が必要です。このとき、抗菌剤を入れて完全密封しますが、細菌によるダメージの度合いによって処置にかかる期間が異なります。

根管治療を施した歯や神経は再び細菌に感染しやすいので、再発を防ぐ上でも、定期的なメインテナンスを心がけましょう。


トップへ » 治療案内 » 一般歯科 » 根管治療で、悪化した状態の歯を守る


PAGE TOP